HOME(メニューが表示されない方)  |  お問い合わせ(メール)  |  「 DIY道楽 」 ってナニ?
   YouTube(動画)  |   |  日記ブログ

logo

今更ながらの、キックボード。

いや、むしろ流行ってる最中の方が恥ずかしくない!?
・・・そんなことないって??

いや、今更だからこそ目立てるってもんでしょ??


「倒産セール」で"いちきゅっぱ〜"

キックボード


そうです、¥1980で買っちまいました、今更ながらのキックボード。

友人いわく「今時、キックボードに乗ってるやつがいるとは思わなかった」とか、「乃万がそんな流行を追うやつだとは思わなかった」とか抜かしやがったけども、「あ、そこらへんがキミらしいのか」・・・と、落ちも付けてくれやがった。 ・・・ありがとう。

そこいらのガキが散々乗り回していたキックボード、果たしてその乗り味は? ・・・と、ワクワクしながら乗ってみると、淡い"期待"は"気体"のごとく砕け散った。

●まず、安定性が皆無!!

  乗ってすぐ思ったけど、直進安定性がカケラもないから、まっすぐ走るだけでもハンドルが「プルプル」と小刻みに震えてしまう。結構な速度で突っ走っているのもいるけど、こりゃ恐ろしくてかなわんわ!!

●強烈な振動

タイヤはインラインスケートのに毛が生えたようなもので、衝撃吸収性は皆無に等しい。ツルツルのコンクリートの上ならまだましも、普通のアスファルトでもビリビリと振動が伝わってくる。建物の中で乗り回すのが問題になってたけども、建物の中でしか乗れないのでは? と思ってしまう。砂利道はもはや苦行。

●小径タイヤの悲しさ
望むはバリアフリー社会


小径タイヤの悲しさ。段差の走破性は考えない方が吉。例えば、指一本分の段差でも大騒ぎで、指二本分の段差だと、ジャックナイフ状態に・・・。車椅子時代を思い出してしまふ。バリアフリー時代カマーン!!

●フット? ブレーキ

最初、どれがブレーキだか皆目見当もつかなかった。あれこれ試してみると、後輪の泥除けっぽいものが、実はブレーキだった。止まりやしないよ、こんなの!!

正直な感想 ・・・

お母さん、子供には危なすぎます。いやホント。

そんなこんなで改造決行

いろいろ考えてみた。

走破性と衝撃を手っ取り早く解消するのは「タイヤのチューブタイヤ化」。いっそのこと、モンキーのホイル(ブレーキごと)をヴチ込んでやろうかとも考えたけども、

デカくなりすぎる

ので、却下。

せめて衝撃を和らげる方法は、サスペンションの組み込み。・・・なのだけど、サスを上に付けようにも下につけようにも、どうにも組み付け方法が浮かばない。水平取り付けも考えたけど、イマイチ実用性が確信できない。てことで、却下。

あれこれ考えた末に、閃いた。

フレームのバネ化。
これで行くべし!!


一石二鳥の新フレーム

早速会社に持ち込んで、お気に入りの破壊道具、「ベビーサンダー」でぶった切る。最初に刃を入れるときは流石に躊躇したけども、一度切り込みを入れたらもう早い、早い(笑)。

てことで・・・ 元のフレームよりひとまわり細く、二倍の長さの角パイプを拾ってきて、ちゃちゃっと付けてやる。

フレーム延長 フレームを延ばす理由としては、ポジションにゆとりを加えたいことと、フレームにしなりを与えることが挙げられる。フレームがしなるってことは、つまりはサスペンション代わり(というよりは、サスペンションそのもの)なるわけで、一番シンプルで一番信頼がおける機構というわけだね。

ひとまわり細い角パイプを選んだ理由は、よりしなりを増やす ・・・ とかでなくて、余っている材料がそれしかなかったから(←ヲイ) で、でも一応、踏んでみて強度を確認したからダイジョーブ!! ・・・所詮、俺のだし(出た!)。

最低限の溶接だけをして、ちょいと試乗してみた。

荒い路面を走ってないからなんともいえないけども、普通の路面で感じていた「ビリビリ感」がほとんど感じられない。見てみると、フレームがいいかんじにしなって、かなり衝撃を吸収しているようだ。上で飛び跳ねてみても曲がりは確認できなかった。さらに、フレームが伸びたことによって、安定性が増大。ステアリングもしっとりと落ち着くようになった。思わぬ産物がでてきたわけ。

んん〜ん、バッチシィ〜〜ッ!!!

ただ、意外だったのは、前後タイヤの水平が狂わなかったこと。いつもの自分の「仕事」なら、ここいらの重要局面でポカやらかすところだけど ・・・ 今回は、廻りの期待を裏切れそうだにゃ。かっかっか

そそくさと、本付けしておく。

色を塗ろう

色を塗ろう 溶接がすんだら、とっとと全バラにして色をつけてやるべし。そのままだと、速攻で錆びるしね。

てことで、今回は塗装の練習と実験を兼ねて、下地をラッカー塗料で吹いて、本塗りはエアブラシで模様を描いて、しまいの仕上げクリアーは「オートVトップ」という今までよりワンランク上の硬度(鉛筆2H相当)と艶のウレタンクリアを吹いてやることにする。

ラッカーとウレタンの相性も知りたいし、エアブラシも実践で練習したいし、クリアの粘り強さも知りたい。キックボードなら塗装失敗してもいいしね。へっへっへ。

そして、こんな色になってしまった(↓)

部品


「あゆ仕様」と言う無かれ!!

・・・というか、浜あゆが豹柄を"りすぺくと"してるってことをすっかり忘れていた。あぶねぇあぶねぇ。これが車やハバイクだったら、「俺はそんなミーハーぢゃねぇ!」って、再びホワイトを塗らなければならんところだった。

ちなみに、そんな理由ではございません。あしからず。

こんな色にしたのには、とある「野望」の一環に過ぎない。



その野望とは ・・・ 「コッチ」だ!!




TOPページへ戻る

作業日誌  |  車歴  |  工作室  |  台所
借家バンザイ!  |  ビバ!2Kライフ








↑ 宜しかったら、クリックして"おひねり"お願い致します(^^) byDIY道楽 テツ



チャンネル登録お願いします ヾ(゜∀゜ゞ)
※ 日常の動画と、ネタ中心の動画、ふたつあります♪♪ ※
【B面】
のまファミリーの“ありふれてない”日常生活♪

【A面】
DIY道楽 乃万 哲一のチャンネル

再生リスト>>  動画全部一気観だぜヾ(゜∀゜ゞ) |   食べ放題バイキングマクドナルド ネタw シマいリス(うちのカミさん)りょういちさとし



→→   最新ネタ  ←←

HOME(メニューが表示されない方)  |  日記ブログ  |  お問い合わせ(メール)  |  「 DIY道楽 」 ってナニ?

当サイト内の広告(アフィリエイト)について

Presented By "DIY道楽/テツ"こと、乃万哲一 ヾ(゜∀゜ゞ) 



inserted by FC2 system